人に裏切られると人を信じられるまで時間がかかる。

昨日、中学校時代の友人と久々に会った。3か月に1回は、6人くらいで飲み会・食事会をしていた仲間だけど、ここ1年くらい、私の都合があわず、「また今度」と断っていたところ、久々にあった。立ち話だったから、あまりゆっくり話はできなかったけど、「で、なんか老けた?」と言われた。たしかにここ3か月、白髪が一気に増えた感じ。そして、今日、母の弟の奥さん(つまりは叔母さん)と出会った。一番、年齢が近いこともあってよくいろいろな話を聞いてもらっているけど、その叔母さんにも「なんか、痩せた? 大丈夫?」と言われてしまった。
確かに、ここ3か月、会社の同僚に裏切られたショックで、食欲がなく7kg痩せた。そして、鏡の中の自分をまじまじみなかったけど、かなりしわ?が増え、つや・ハリがなくなり老けていた。ストレスで足にブツブツができた。信じしていた人間に裏切られるってこんなにも精神を痛めつけられるのだと初めて知った。当人たちはそんなこと全く感じてもないし、思ってもないから、精神を痛めつけることもないだろう。心機一転、新しい環境で、自分たちの好きなように仕事できると思っているのだから。
あまりにも痩せて、老けたから上司にも言われた。「それぐらいで落ち込んでいては上にはたてないよ」と。いやいや、上に立つつもりはさらさらないです。ごめんなさい。でも、人に裏切られると、周りの人までも疑ってしまい、信用できなくなっている自分が、心底いやになる。裏切って自分勝手な理由で退職した元同僚だけが信用できないのであって、私の周りに、今、いる同僚は信用できる・・・と信じたい。でも、同僚が、ちょっとでも不穏な言動をすると、やはり「もしかして、あの元同僚とつながっている?」と疑心暗鬼。しばらく、この状態が続くのだろうなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)